敏感肌におすすめの洗顔料ランキング

敏感肌の方は、スキンケア用品を選ぶとき、自分の肌に安心して使えるのか不安…と悩んでしまうことはありませんか?

特に、洗顔料選びは、低刺激で、必要なうるおいは残してくれる使用感のものを選ぶのがおすすめです。

最近では、お手頃なものやオーガニック、化粧落としとしても使える洗顔料など、さまざまなタイプのものがあります。

また、敏感肌といっても、乾燥からくるものだったり、花粉やほこりなどのアレルギーからだったりと、人によって違うのです。

最適な洗顔料を見つけて、つるつるの美肌を目指しましょう!

敏感肌の原因とは?

実は、「敏感肌」とは、明確な定義はなく、人によって現れる症状もさまざまです。

紫外線や化粧品による刺激、アレルゲンによるものなど些細なことから敏感肌になってしまいます。

ここでは、特に多い敏感肌の原因をご紹介しましょう。

乾燥による皮膚のバリア機能の低下

健康な肌はバリア機能が正常に働くとこで、外的刺激から肌を守ってくれます。

環境的なことや、ホルモンバランスの乱れなど色々な要因により、肌のバリア機能が低下して、肌内部の水分が失われると乾燥状態に。

そこから「外からの刺激に弱い肌=敏感肌」になってしまうのです。

「乾燥肌だったのが、どんどん悪化して、敏感になっていた」といった方はこのタイプでしょう。

花粉やほこりなどのアレルギーによる反応

乾燥の激しい冬を乗り越えた春先は、肌が特に敏感になりやすく、花粉やほこりなどの刺激に反応して、敏感肌になってしまうことがあります。

「いつもと同じスキンケア用品を使っているのに春になると調子が悪くなる」といった方は、このタイプでしょう。

アレルギー症状が落ち着くと、肌の調子も回復することが多いです。

洗顔のしすぎ・洗い残しが原因のことも

毎日のケアに洗顔は欠かせないものですが、洗顔をしすぎると肌にとって必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥をまねきます。

また、洗い残しがあると汚れが残ったままで、毛穴に詰まってしまい、肌に大きなダメージを与えてしまうのです。ごしごしと強い力で洗顔をするのも、肌が敏感になってしまう原因に。

「肌に負担をかけない優しい力」「洗顔料はしっかりと泡立てて洗う」ことが必要です。

敏感肌が洗顔料を選ぶときのポイント

できるだけ低刺激なものを選ぶのがおすすめ。配合されている成分や、洗い上がりがしっとりとしているのも大切なポイントです。

肌に刺激となる成分が入っていないものを選ぶ

洗顔料を選ぶときは、最初にどんな成分がはいっているのか確認しましょう。

人工的に作られた成分は洗浄力が高すぎることがあるため、できるだけ天然由来の成分が入っているものがおすすめ。

洗顔料の中には、赤ちゃんにも使用できるものだったり、肌と同じ弱酸性で作られているものもあります。

必要なうるおいは残して汚れは落とすものを選ぶ

洗顔後に、肌がつっぱった感じがしたり、ヒリヒリ感がないことも、とても重要なポイントです。

しっとりとした、うるおいのある肌になるタイプがベスト。

使ってみて、違和感を感じるような使用感のものは、肌に合っていない証拠です。

キメの細かい泡ですすぎ残しがないように洗うのが洗顔のポイント!

キメの細かいたっぷりの泡で洗うと、肌への刺激を減らすことができ、優しく洗い上げられます。

すすぎ残しがあると、肌が荒れる原因になるため、しっかりとすすぎ、最後にフェイスラインなど洗い残しがないかチェックしましょう。

また、熱すぎるお湯は、必要な皮脂まで奪ってしまうので、ぬるま湯ですすぎ、清潔なタオルでこすらずにふき取ることも大切です。

敏感肌におすすめの洗顔料ランキング

リーズナブルなものから無添加処方のものなど、人気のある、おすすめの洗顔料をご紹介します。

敏感肌が洗顔の時に注意すること

「敏感肌向け」と記載されている洗顔料であっても、必ずしも肌に合うとは限りません。

人気のものや口コミの良い評価が多いものであっても、違和感を感じたり、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

かゆみや赤みなどが出てしまったときは、すぐに使用を中止して、皮膚科で診てもらいましょう。

敏感肌の方は、なかなか自分に合う洗顔料を見つけるのは難しいと思いますが、今回ご紹介したアイテムを参考にしながら、自分にぴったりのものを見つけてください!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。